テクボン日記

ポケモンについて

日本一決定戦予選最終5位(レート1813)、S7ダブル最終6位(レート2007)バナコータスサマヨバンギ

〈構築〉

f:id:tktpoke:20200701112124j:image

 

〈はじめに〉

はじめて公式のこのような予選大会で予選を突破できて、とても嬉しかったです。今大会で使ったこの構築は来シーズンから新たに解禁されたポケモンが数多くいて使えなくなると思ったので公開することにしました。よかったら見ていってください。

 

〈構築経緯〉

はじめに自分がこのルールで一番信頼している並びであるじならしサマヨール+弱点保険バンギラスからスタート。次にトリルのサポートやバンギラスに強い格闘タイプに強いトゲキッスを採用。前回構築(http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2020/05/01/183538)でピントレンズトゲキッスサマヨールのトリル展開が安定もするし、強いとわかったので今回もピントレンズトゲキッスを採用。トゲキッスはこのルールで必須級のポケモンであると個人的に思っている。次にいれるポケモンとして今の環境でトリル対策をしてない構築がほぼいないので、トリル以外のプランになり得るポケモンを探した。そこでフシギバナコータスサマヨールバンギラスで結果を残している方がいて使ってみると見事にフィットした。フシギバナを見ると相手は眠り粉を警戒しなければいけなくなり、フシギバナ対策のポケモンがいたらそのポケモンがほぼほぼ先発にくるという選出誘導もでき、トリル選出とフシギバナ選出の択を相手に迫ることができる。またバンギラスの苦手な格闘は半減でき、水タイプにも抜群がとれるところもよかった。ガラル夢御三家が解禁したと同時に増えたゴリランダーに強く、エースバーンにも晴れ葉緑素+大地の力で削りをいれられるのもよかった。フシギバナとセットでついてくるコータストリックルーム展開と相性がよくとてもよかった。最後のポケモンとしてリザードンをいれていたが、ガラル御三家の夢特性解禁と同時にエースバーンに変えることに。エースバーンは高速アタッカーでトリックルーム後に場の掃除役としてだせたり、このパーティーが重いバンギラスにも抜群がつける点でもよかった。

 

 

 

〈個別紹介〉

 

 


f:id:tktpoke:20200629034521j:image

エースバーン

リベロ

陽気

 

火炎ボール、飛び膝蹴り、不意打ち、アイへ

 

H155A168(252)B95D95S188(252)

 

今回のエースバーンは最後に入った保管なので、ダイマックスする気はあまりなかったのでダイマックスしないで強い型を採用。飛び跳ねるはダイマックスしないときは余り強くなくダイジェットでSあげても強いポケモンがあまりこのパーティーにいないので切ることに。

 

 


f:id:tktpoke:20200629034516j:image

フシギバナ

命のたま

葉緑素

控えめ

エナジーボール、ヘドロ爆弾、大地の力、眠り粉

H169(108)B108(40)C151(140)D120S128(220)

 

H命のたまの自傷ダメ最低。

S最速バンギラス抜きのS調整をしてるポケモン大体抜けるように

CH252水ロトム確1

 

 

 

 


f:id:tktpoke:20200629034453j:image

コータス

先制の爪(!?)

ひでり

冷静

噴火、嫉妬の炎、ボディプレス、守る

H177(252)B160C150(252)D90S22(S0個体)

 

嫉妬の炎は範囲命中技として採用。能力をあげた敵を火傷させる場面はなかった。

ボディプレスはバンギラス対策として採用。コータスのソラビは火力もあまり高くないので使いにくいためこちらのほうが強かった。(テイルさんに教えて貰った。ありがとうテイルさん。。!)

 

先制の爪は木炭だったら勝てたという場面があまりないので上振れ要素として上振れすればラッキーぐらいに採用したが、このアイテムのおかげで勝った試合はなかった。ただし木炭だったら勝てたという試合もなかった。相手の降参のときと守るのときによく発動する。

 

 


f:id:tktpoke:20200629034225j:image

トゲキッス

ピントレンズ

強運

控えめ

 

マジカルシャイン、熱風、この指、守る

H178(140)B118(20)C173(140)D136(4)S126(204)

HBダイマックス時玉ドリュウズのダイスチル耐え

S,S125のロトムの記事を見つけたのでそれを抜くところまで

Cあまり

 

トリックルーム貼るターンに倒れてもらいたいので最低限の耐久を残して残りCSに。

トゲキッスは攻撃も集めやすく生き残っていればこの指サポートもできるのでトゲキッスの守るは強い

 

 

 


f:id:tktpoke:20200629034236j:image

サマヨール

進化の輝石

おみとおし

のんき

 

ナイトヘッド、じならし、サイチェン、トリル

H147 (252) B200 (252) D150S27 (S個体値0)

 

基本的なHBサマヨール

 


f:id:tktpoke:20200629034245j:image

バンギラス

弱点保険

砂起こし

勇敢

 

岩雪崩、うっぷんばらし、馬鹿力、守る

 

H207(252)A204(252)B130D120S59(S0個体)

 

これまた基本的な弱点保険バンギラス

追加されたうっぷんばらしは噛み砕くより威力は低いが、ダイマックス時の威力が同じで追加効果が強いので採用。基本的にじならし弱点保険をするときダイマックスをするのでじならしうっぷんばらしはあまりやらなかった。

 

 

〈選出、立ち回り〉

基本的に相手パーティーを見てこれ通そうという基本選出を出す。相手に対応する動きというよりこちらのやりたいことを通すという構築。

 

基本選出1

サマヨールトゲキッス

バンギラス、@1

トリル選出。この指トリルからバンギラスを展開していく。@1はフシギバナかエースバーンの掃除役であることが多かった。やることはシンプルでトリックルームうってバンギラスを通すだけ。やることがシンプルなぶんプレミもしにくいところがよい。初手でトゲキッスが通ってる場合、トゲキッスが倒されなさそうな場合は初手からトリックルームをうつのではなくサイチェンやナイトヘッドをうつ。

一番多くした選出。

 

基本選出2

フシギバナサマヨールorトゲキッス

コータス、@1

 

フシギバナ晴れを通す時の選出。@1はバンギラスになることが多かった。相手目線フシギバナの眠り粉を一番警戒しなければならないので、フシギバナダイマックスが通りやすくなる。バンギラスのように圧倒的な火力があるわけではないのでフシギバナの通りがいいとき以外はフシギバナダイマックスのルートは基本とらない

 

 

基本的にこの2つの選出でした。

 

封印トリルに対しては、選出段階である程度予測する必要がでてくる。封印されてから対応は基本的にできない。封印をうってくるポケモンとして今はイエッサンとサマヨール

サマヨールの封印は相手が高速アタッカーで固めている構築に入るポケモンなのでわかりやすい。イエッサンは大体隣にエースバーンがいるので、サマヨールトゲキッスで投げて、相手は封印ダイスチル(鋼技をもっている想定)でくるのでサイチェントゲキッスダイマックスダイバーンで相手とダイマアタッカーで打ち合いをする。(エースバーンイエッサンは普通にやった場合きついためサイチェンに頼る部分が大きくなる)

 

 

〈感想〉

最初にも書きましたが、このようなな公式の予選大会を抜けることがはじめてだったのでとてもうれしかったです。次環境が変わりますが、最初はキングドラニョロトノ+トリルみたいな構築を触ろうかなぁとぼんやり考えています。なにかいい案があったら教えてください。

 

〈実績〉

日本一決定戦予選 5位レート1813
f:id:tktpoke:20200701005422j:image

 

 

ランクマシーズン7 6位レート2007 TNてくてく


f:id:tktpoke:20200701132154j:image

 


f:id:tktpoke:20200701112149j:image

 

 

 

 

 

 

ドラパウオノラゴンサマヨバンギスイッチ  s5ダブル最終9位(2027)

〈構築〉
f:id:tktpoke:20200501115553j:image

 

 

〈はじめに〉

久しぶりにランクマでいい結果をだせたので記事にすることにしました

切断バグがあるシーズンでしたが、構築はそこそこ強いものができたのでよかったら見ていってください。

 

〈構築経緯〉

incが終わりTLに流れてきた構築のなかにドラパルトウオノラゴンという並びがあり、この並び+サマヨバンギが強いのでは!?と思ったところからスタート。この指止まれでトリルサポートもでき、このままだとナットレイが重いので炎技を採用したトゲキッスを採用。この5体だとサマヨドザイドンコータスの並びが不安だったためこれに強いポケモンを採用することに。最初はトリトドンを採用していたが、相手のトドンの処理に少しだけ困ること。味方のウオノラゴンの水技も吸ってしまうこと。トリックルーム下であまり強くないこと。このような問題点が見えてきた。そこでこれもinc終わった後TLに流れてきたものだが、ルームサービスアシレーヌを採用することに。アシレーヌトリトドンで見えてきた問題点を解決してくれたので、しっくりきた。

以上6体で構築完成。

 

〈個別紹介〉

 


f:id:tktpoke:20200429235532j:image

ドラパルト

命の玉

すりぬけ

臆病

H164B95C152(252)D95S213(252)

流星群、シャドーボール、10万ボルト、火炎放射

 

調整意図なし。最初は熱湯を採用していたが、ダイストリームの打ち所がわからなかったのでナットレイへの打点となる火炎放射を採用。

 

 


f:id:tktpoke:20200430001053j:image

ウオノラゴン

拘りスカーフ

頑丈顎

意地っぱり

H165A156(252)B120D100S127(252)

エラガミ、噛み砕く、サイコファング、逆鱗

 

調整意図特になし。命中不安を嫌がって逆鱗にしたが、一回も使わなかった。

 

 

 


f:id:tktpoke:20200430001059j:image

トゲキッス

ピントレンズ

強運

控えめ

H178(140)B118(20)C181(196)D136(4)S119(148)

エアスラ、マジシャ、熱風、このゆびとまれ

 

HB:ダイマックス時玉ドリュウズのDアイアンヘッドを乱数6,3%耐え

S:一段階上昇時アイアント抜き

C:余り

この指+ドリュウズを警戒して熱風にしたが、火炎放射でもいいかも。

トリルサポートのトゲキッスが長いターン生き残っていてもトリルターンがなくなってしまうので最低限の耐久で、トリル下で無視できないようピントレンズ強運やCに多めに振ることに。

 

 

 


f:id:tktpoke:20200430001156j:image

サマヨール

進化の輝石

おみとおし

のんき

H147(252)B200(252)D150S27(S個体値0)

ナイトヘッド、じならし、サイチェン、トリル

 

調整意図特になし。

 

 

 


f:id:tktpoke:20200430001353j:image

バンギラス

弱点保険

砂起こし

勇敢

H207(252)A204(252)B130D120S59(S個体値0)

いわなだれ、噛み砕く、馬鹿力、守る

 

調整意図特になし。

ナットレイに対する打点やダイマックスしなくてもバンギラスを倒せるよう地震ではなく馬鹿力に。

 

 

 


f:id:tktpoke:20200430002018j:image

アシレーヌ

ルームサービス

うるおいボイス

冷静

H187(252)104(76)C185(180)D136S58(S個体値0)

ハイボ、ムンフォ、ハイドロカノン、守る

 

HB:A無補正ドラパルト玉Dゴーストダイブ耐え

C:余り

トドンへの打点は蓄えるトドンが環境にいないのでムーンフォースだけで十分だったので、エナジーボールを今回は採用しなかった。代わりにダイマックスしても水技を打てるようハイドロカノンを採用。

 

ダイマックスは

バンギ>>>>ドラパ>>キッス>アシレ

の順に体感なった。

 

 

 

〈基本選出〉

基本選出①

先発:サマヨ+キッス

後発:バンギラス+@1

この選出が一番多かった。@1はトリルきれた後の掃除役としてドラパルトかウオノラゴンになることが多かった。

 

基本選出②

先発:ドラパルト+ウオノラゴン

後発:トゲキッス+@1

トリルが通らないと思ったらこの投げ方をした。

 

対ガチトリル

先発:サマヨ+トゲキッス

後発:アシレーヌ+@1

アシレーヌを出すタイミングを気をつける

 

基本的にガチトリル以外基本選出①②でいけた。基本選出できないなぁと思ったらトゲキッスダイマックスさせたり、サマヨールのサイドチェンジで荒らしたりして勝ちを目指す。

ダイマックスしてくるアタッカータイプのナットレイがきつい。

キザン系統もきつい

 

 

〈最後に〉

切断バグがあるシーズンになってしまい、ランクマやらない人も多く、実際に潜ってシングルよりは少なかったのですが、切断バグを僕自身使われて萎えたりしてました。順位上げよう!って思っても「切断バグあるしなぁ」と思いやっぱりやらないみたいなことも結構ありました。

切断バグ速く直してください(切実)

 

〈結果〉

f:id:tktpoke:20200501115612j:image

 

9位でした

 

内部レート発表されましたね。2027でした(TNてくてく)

f:id:tktpoke:20200522121854j:image

 

 

inc最高1800(チャレ)爆死構築


f:id:tktpoke:20200301172456j:image

 

〈はじめに〉

incで1800(チャレ)までいった構築です。そこそこの構築が組めたと思うので記事にしました。ぜひ読んでください。

〈構築経緯〉

甘えるエルフーンが強いと思ったところからスタート。甘えるエルフーンと組ませるポケモンとしてドリュウズアイアントが候補に上がった。ドリュウズではすばやさや火力が足りてないと思い、アイアントを採用することに。アイアントエルフーンから構築を考えることに。アイアントエルフーンを組む上で下の3つを意識した

1、アイアントを通す構築。

2、アイアントで横のポケモンの耐久を強化しながら積む構築。

3、アイアントで相手の選出を誘導して裏選出を通す構築。

1のためにアイアントは特殊技にもろいことや炎技から守るためトゲキッスを採用。また微妙に倒せないポケモンを倒すためエルフーンに手助けを採用。

2のために悪巧み水ロトムを採用。ここの枠にはアイアントを通しやすくするためにもミロカロスを採用されることが多いのだが、今回は水ロトムに。その理由としてミロカロスでは勝ち気が発動しないと火力もあまりでなく、催眠術もとぐろをまくも命中不安+相手の最速起きなどを考慮するとそこまで強いと思わなかったため今回は甘えるエルフーンともトゲキッスとも相性が良い水ロトムを採用。

3のためにバンギラスを採用。アイアントを見たときによく来るポケモンとしてドラパルト、ウインディシャンデラあたりがよく来るためそのポケモン達に強いバンギラスを採用した。

最後にトリル対策枠、ジュラルドンニンフィアにも戦えるバンバドロを採用して構築完成。

 

 

〈個別紹介〉


f:id:tktpoke:20200226085931j:image

アイアント

命の玉

はりきり

陽気

H134(4)A161(252)B132D68S177(252)

出会い頭、アイアンヘッド、じだんだ、いわなだれ

調整意図特になし

 


f:id:tktpoke:20200226090439j:image

エルフーン

気合いの襷

悪戯心

臆病

H167(252)B112(52)C97D95S178(204)

マジカルシャイン、甘える、追い風、手助け

Sアイアント+1

甘えるしたとき色々耐えるように残りHB

襷が余ったため襷を持たせた


f:id:tktpoke:20200226090102j:image

トゲキッス

リリバの実

天の恵み

図太い

H191(244)B161(252)C140D135S102(12)

マジカルシャイン、サイドチェンジ、この指止まれ、守る

調整意図特になし

特性は個体用意の時間がなかったから天の恵みにしたが、強運のほう5臆倍いい



f:id:tktpoke:20200226090726j:image

バンギラス

弱点保険

砂起こし

意地っぱり

H207(252)A192(164)B130D120S93(92)

いわなだれ、噛み砕く、馬鹿力、守る

調整意図特になし

Sバンギミラー、ニンフィアカポエラーより速くするため気持ち多めにSに振った


f:id:tktpoke:20200226090113j:image

ウォッシュロトム

ウイの実

浮遊

控え目

H157(252)B136(68)C146(60)D135(60)S115(68)

10万ボルト、ハイドロポンプ、悪の波動、悪巧み

HB意地っぱりドラパルトの命の玉ゴーストダイブD耐え

HD控え目ドラパルトの命の玉流星群D耐え


f:id:tktpoke:20200226090235j:image

バンバドロ

突撃チョッキ

持久力

勇敢

H193(140)A192(236)B120D122(132)S36

10万馬力、いわなだれ、ボディプレス、ヘビィボンバー

HDダイマックス時に水ロトムハイドロポンプDを

ハイドロポンプD→ダイアース→ハイドロポンプD

で2耐え

 

 

〈選出〉

選出パターン1

アイアントエルフーンorトゲキッス

ウォッシュロトムエルフーンorトゲキッス

 

アイアントが刺さっている場合やロトムを強化して通す時の選出

 

選出パターン2

バンギラスエルフーンorトゲキッス

ウォッシュロトムエルフーンorトゲキッス

 

相手にドラパルトやシャンデラがいたときにアイアントを見て出てくるポケモンに対してバンギラスをだして初手の有利をとる

 

選出パターン3

ウォッシュロトムorバンギラスエルフーンorトゲキッス

バンバドロエルフーンorトゲキッス

 

対トリル時の選出

 

 

基本的にこの3つの選出

3つのなかではアイアントの選出誘導能力が高いため、3の選出が一番多かった。

 

 

〈問題点〉

・炎技がなくナットレイの処理ができない。

アイアントミラーの時にこちらはアイアントを初手に持っていくしかない

・スカーフウオノラゴンが重すぎた

 

〈最後に〉

構築事態はそこそこ強いものができたと思うが命中不安がかなりあるためそこは安定しなかった。

 

〈結果〉


f:id:tktpoke:20200301172451j:image

しょっぱい(>_<)

 

 

 

 

 

8thシーズン1最終19位構築(ダブル)

別サイト(リバティノートさん)に載せてもらったが、自分用のメモとして自分のブログにも載せることにした。

リバティノートさんありがとうございました

別サイトの方の↓

https://liberty-note.com/2020/01/07/darmanitan-corviknight/?amp=0&__twitter_impression=false

 

 

 

〈はじめに〉

8thシーズン1で19位という良い結果が残せてたので記事に残すことにしました。


f:id:tktpoke:20200103005810j:image

〈構築経緯〉

上から高火力で殴るをコンセプトにした噓泣きエルフーン+ドラパルトで裏からリザードンを出す構築に注目しそこからスタート。氷が環境的に通っていることや技範囲が優秀で構築コンセプトにもあっているヒヒダルマを採用。このままだとオーロンゲジュラルドンがきついのでドリュウズを採用。ラストにトリックルーム対策のポケモン(封印トリル、カビゴントリトドン)を採用し回してみることに。回してみるとスイッチトリルのパーティーに封印トリルポケモンをだせずトリックリームを通されて負けやそもそも封印トリルポケモンが倒されてトリックルームを通されて負けたのでエルフーンに挑発がほしい。また晴れ下のリザードンは強いが、エルフーンに日本晴れを採用することが弱いことや無理してドラパルトでダイバーンをうたなければならないことが弱かったりとリザードンに疑問を感じたのでリザードンを外すことに。そこからリザードンの枠をインテレオンにして回してみたが、相手のバンドリが厳しかったりオーロンゲが厳しいかった。そこで上から高火力を押しつけて勝つという勝ち筋以外の勝ち筋も用意するためバンドリにも強めなアーマーガアを採用。高火力を押しつけて勝つということはエルフーンドラパルトヒヒダルマで十分にできることなのでアーマーガアを採用してもそこまで窮屈に感じなかった。ラストにアーマーガアとも相性の良いトリル対策枠としてトリトドンを採用。アーマーガアトリトドンがPTにいると相手に選出段階で圧をかけれるのも良かった。

 

〈個別紹介〉


f:id:tktpoke:20200103005827j:image

エルフーン

気合いの襷

臆病

いたずらごころ

H136(4)B105C129(252)D95S184(252)

マジシャ、挑発、追い風、手助け

調整先特になし

パーティーに特殊アタッカーが少なくなったので他のポケモンものシナジーを考え噓泣きを手助けに。

 


f:id:tktpoke:20200103005831j:image

ドラパルト

命の玉

控え目

クリアボディ

H163B95C167(252)D95S194(252)

りゅうせいぐんシャドーボールかえんほうしゃ、10万ボルト

できる限り火力を伸ばしたいので控え目Cぶっぱ

 


f:id:tktpoke:20200103005853j:image

ヒヒダルマ

拘りスカーフ

意地っぱり

ごりむちゅう

H180A211(252)B75D75S147(252)

つららおとし、フレアドライブいわなだれ、馬鹿力

 

無振りダイマドラパルトを高乱数で落とせるのでA252意地っぱりつららおとしで採用。


f:id:tktpoke:20200103005901j:image

ドリュウズ

ラムの実

陽気

型破り

H185A187(252)B81(4)D85S154(252)

じしん、アイアンヘッド、岩雪崩、守る

調整先特になし

 


f:id:tktpoke:20200103005906j:image

アーマーガア

慎重

フィラの実

ミラーアーマー

H205(252)A107B125D129(100)S107(156)

ブレイブバード、ボディプレス、鉄壁、はねやすめ

Hぶっぱ

S追い風下で最速ドラパルト抜き

残りD

 


f:id:tktpoke:20200103005936j:image

トリトドン

冷静

リンドの実

よびみず

H209(184)B101(100)C154(220)103(4)S39※s0個体

大地の力、熱湯、クリアスモッグ、守る

HBドリュウズの命の玉ダイマじしん耐え

C無振りドリュウズ大地の力で確1

 

 

選出と立ち回り

基本選出

先発:エルフーン+ドラパルトorドリュウズ

後発:ヒヒダルマ+アーマーガア

 

エルフーンで追い風してドラパルト(ドリュウズヒヒダルマで荒らしてアーマーガアで詰める。ドリュウズは相手にジュラルドンやオーロンゲがいたときに初手にだす。

 

対ドラパキッス

先発:エルフーンヒヒダルマ

後発:ドラパルト+@1

 

ヒヒダルマトゲキッスを落として追い風ドラパルトで暴れる。

 

対トリル

先発:ドリュウズヒヒダルマorエルフーン

後発:トリトドン+@1

 

相手にこの指要員がいなければエルフーン。相手のこの指枠がバタフリーだったらエルフーン初手挑発トドンバック。それ以外雪崩怯みを狙いつつ戦う。

 

他の構築基本選出でok

 

最後に

この構築は基本試合時間が少ないので最終日に順位をかなり上げることができた。ダイマックストゲキッスがきつかったのでそこが欠点だった。

 

結果

f:id:tktpoke:20200103003657j:image

19位

 

 

 

 

 

 

 

7thまとめ

8thがもうすぐはじまるということで7thをまとめてみることに。

 

受験のため本格的にやったのはS3からなのでそこから

 

S3初期使用構築

リザテテフカグヤポリ2ガブリアスヒレ

C130族+フィールドでの超火力が使いたかった。遅いリザ、遅いテテフ、遅いガブリアスと地雷要素結構多めだった。新ポケモン3体採用楽しかった。1900ちょっとで瞬間1位とれた気がする。

 

S3終盤使用構築

ガルランドクレセレヒレガルドリザ

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2017/05/10/231117

ガルの火力が下がり、グロパン以外のガルが弱くなってグロパンガルの使い方が下手な自分はもうガル使えないと思っていたが、けたぐりガルがグロパンガルのおかげで警戒されなかったりと以外と強かったので使うことに。最高1940ぐらいだった。

 

S4初期使用構築

ガルレヒレランドドランクレセバレル

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2017/07/29/162929

 

対雨要員をリザからナットやバレルなどに変えた。S4はガルーラがかなり多かったので、ミラーが多くて楽しかった。最高1950くらい

 

S4終盤使用構築

リザテテフフワライドガラガラカグヤミロカロスorポリ2

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2017/07/13/213301

2000いった構築。シーズン終盤でガルで勝てなくなってきて、ちょうどその頃ECSという大会で優勝者が使っていた構築を参考にした構築。正直この段階ではPTのでき事態はそんなによくなかったが、上振れもあり2000にいくことができた。嬉しかった。

S5初期使用構築

リザコケコガラガラカグヤドランポリ2

 

めっちゃタイプかぶりしてる構築最高1850とかそこらへん。ちょっとだけ強かった

 

 

S5終盤使用構築

リザテテフカグヤガラガラバンギポリ2

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2017/11/01/012625

 

最高1950くらい。構築完成度的にはS4終盤のよりいいと思う。

 

S6使用構築

クチートクレセリアランドロスボルトロスバンギラスヒレ

 

環境に雨乞いポケモンが増えてリザードンでまったく勝てなかったのでクチートを使った。あんまり勝てなかったけど楽しかった。

1900チャレ5,6回失敗した。

 

USMシーズン1使用構築

リザガラガラカグヤレヒレクレセバンギラス

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/01/23/025900

SMで一番勝てた構築を新しくジャラzが解禁されたのでそれにあわせて少し変えて使った。メガバンギラスが増えてから勝てなかった。最高1950くらい

 

inc使用構築

リザカグヤガラガラレヒレエンペルトクレセリア

 

何故かエンペルトバンギラスに勝てると思った。本気でエンペルト強いと思って採用した。アンマリツヨクナカッタ

 

 

 

USMシーズン2使用構築

リザランドクレセカビガルドテテフ

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/03/13/020425

メガバンギラスに強めな格闘Zテテフやランドロスをいれた。瞑想クレセリアと鉢巻カビ強かった。最高1900くらいで構築にも自信があった。incもこれでいこうとしてた…………ガオガエン

 

inc使用構築

リザグロスコケコランドバンギラスクレセ

 

アムハングロスでガエンを倒す構築。オメガルビーくんと考えた。構築はかなり強い。

 

S10使用構築

リザランドコケコバンギラスクレセツルギ

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/08/24/151728

 

S10で最終2位とれた構築。特殊ランド強かったり弱かったりした。

 

S12使用構築

リザテテフランドドランカビクレセリア

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/11/27/134437

今も使ってるやつ。ノーマルzカビ強い。

 

仲間大会で使ったやつ

リザランドレヒレドランカビクレセ

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2019/07/25/133001

腹太鼓カビ使いたくて作った構築。サイチェンヒュンヒュン強かった。

 

グランドファイナル使用構築

リザコケコランドドランカビクレセリア

記事http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2019/10/20/222831

基本的にその構築で勝てなくなってきてら新しい構築を考えているので、S12以降レートをそんなにやらなくなったのもあるがこの構築であんまり負けなかったので微調整だけして使った。8位で予選抜けし、決勝トナメベスト4で終わった。

 

S12サンルール使用構築

カイオーガ日食ネクロガエンツルギテテフラランテス

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/11/06/160339

サンルールで使ったやつ。追い風かトリックルームをしてオーガを通す。カミツルギが結構重かった。最高1900くらい。

 

模擬inc,inc使用構築

オーガイベルカミツルギテテフガエンバレル

記事

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2019/01/09/121433

模擬incとincで使ったやつ。模擬incでは1位とれたが、本番で転けたやつ。

 

ムーンルール、ウルトラルールはあんまりやってない

 

〈ざっくりとした環境変化〉(体感)

S3ガルが一番多い、次にグロステテフそんな感じ

S4ガル全盛期。めっちゃミラーがあった。

格闘Zポケモンが増えてきた。瞑想クレセリア

S5ちょっとだけガルーラ減った?ぐらいの印象

S6手動雨がめっちゃ増えた。ライボ構築もそこそこ増えた。限界雨も増えた。ガル構築とリザ構築が逆風のため減った。

USMシーズン1

サイチェン登場、ジャラz登場によりジャラが環境入り、クレセリアカビゴンが増える。メガバンギラス入りテンプレメガメタグロス増える。

USM2~ あたりから威嚇ガエンがきた(と思う)。ガエンゲンガー、ガエングロス、ガエンマンダ。すべての構築にガエンがはいった。ガエンが入ったことによりリザードン、カビクレセの数が減った。ゲンガージャラガエンブルルの並びが環境入りしゲンガーの数が増えた。

JCS終わったあたり~

エアスラをもったリザードンが増えた。

リザドランの形のリザードンが環境をとる。

WCS,JCSマンダが優勝したけどあんまり増えない。ここらへんから環境あまり動いてない

各構築

リザドランクレセランドレヒレカミツルギ

グロスガエンカプサンダー

サナガエンレヒレサンダーランドバレル

マンダガエンカプトドン

ガルランドドランレヒレクレセ

ゲンガージャラガエンブル

この並びがほとんどになった。いろんなメガ枠はみるけど並びは一緒。

 

 

 

体感だと大体こんな感じにだった。

 

〈成績〉

S3 最高1950

S4 最高最終2034 最終3位

S5 最高1950 

S6 最高1890

  ~USM~

S7 最高1950

S8 最高1900

S10 最高1940 最終2位

S12 wcsルール1909最終9位 全ダ最高1930

 

(大会※仲間大会もあわせて)

さきゅ杯優勝

模擬inc1位

雑魚ラッシュ1位

グランドファイナル8位 決勝トナメベスト4

 

公式大会は…………………

 

覚えてるやつだとこんな感じだった。結構よかった。8thも楽しみなのでがんばりたい………ジュケン

 

 

 


f:id:tktpoke:20191112160537j:image

グランドファイナル本戦

グランドファイナル本戦ではbo3で対戦相手ごとにPTを変えられるので対戦相手をみておおよそのPTを予想してそれにメタを貼ることに

 

1戦目VS SNOWさん

レート、オフ大会、グランドファイナル予選やボスラッシュをみるとゲンガー構築とリザードン構築好んで使っていることがわかった。この2つの構築に対して自分がグランドファイナル予選時に使っていた構築()が強いのでグランドファイナル予選時に使ってたさいた構築を微調整して使うことに。

リザードンの技構成

予選では熱風、エアスラ、ソラビ、守るで使っていたが、リザードン構築、ゲンガー構築どちらにもソラビをあまり使わないのでよりゲンガー構築に強くするためソラビを追い風に変更することに。

・カプ枠

予選ではカプコケコを使用していたが、ゲンガー構築に対して微妙だし、SNOWさんはリザデマル構築を使っていたこともあってあまり採用したくない。そこでコケコを突撃チョッキエナボテテフにしてSNOWさんが少しだけ使っていた雨にも最低限の対策とした(くま考案)

SNOWさん戦使用構築

リザードン控えめ@メガ石 CS

熱風、追い風、エアスラ、守る

ランドロス意地@鉢巻 HADS

地震、雪崩、叩き、とんぼ

テテフ控えめ@突撃チョッキ CS

ショック、ムンフォ、マジシャ、エナボ

ヒードラン控えめ@シュカ HCS

熱風、大地、めざ氷、守る

カビゴン勇敢@ノーマルz HAD

捨て身、馬力、鈍い、守る

クレセリア穏やか@イア HBCD

サイチェン、こごかぜ、手助け、トリル

 

SNOWさん使用構築

ゲンガーガエンランドレヒレツルギラティアス

 

ゲンガーくるとしたらゲンジャラ系統と思っていたが、違った。しかし構築相性はよかった

試合

http://twitcasting.tv/0722poke_teku/movie/574210512

 

 

2戦目VS ビエラさん

ビエラさんはグランドファイナル予選時にボーマンダを使っており、本戦もマンダがくると予想した。中身も予選で1位をとったこともありそこまで変わらないと予想。そこでボーマンダに強くカビゴンにも打点があるバンギラスを採用。S操作としていつも採用しているクレセリアにもサイチェンではなく冷凍ビームで採用。ヒードランランドロスボーマンダに強く、カビゴンの能力上昇をリセットするために黒い霧レヒレを採用。この3体でビエラさんが予選の時使っていたPTに対してかなり有利に進めるので他の枠で他のPTきたときに備える。ビエラさんは2018ルールのときゴチルブルルガエンという構築を使っていたのでゴチルブルルからガエンに繋ぐムーブを一点読みしてガオガエンを落とすためランドロスを採用(正直ゴチルブルルガエンに対して回答を出せなかったので苦し紛れ感ある)。メガ枠として一番使っていて他のPTがきた際に一番戦えるリザードンを採用。リザードンをいれておけば、ボーマンダヒードランを釣ることもできる。最後に基本的誰がきても上からの高火力で誤魔化すためにカプコケコを採用した。

 

ビエラさん戦使用構築

リザードンCS臆病@メガ石

熱風、追い風、ソラビ、守る

カプコケコCS臆病@眼鏡

10万、めざ氷、マジシャ、ボルチェン

ランドロスHADS意地@地面Z

地震、雪崩、とんぼ、守る

カプレヒレHC控えめ@水Z

濁流、ムンフォ、黒い霧、守る

クレセリアHBCD穏やか@イア

冷凍ビーム、こごかぜ、手助け、トリル

バンギラスHAS意地@じゃくほ

雪崩、噛み砕く、けたぐり、守る

 

ビエラさん使用構築

ガルレヒレクレセカビゴンランドロスドラン

 

ボーマンダがくると予選していたが、まさかのガルーラ。他のメンツは予選と一緒だが、ガルーラ+クレセリアのトリルを止められなかったり、バンギラスがガルーラにそんなに強くないなど想定外だった。構築相性事態は不利ではないが、構築相性でアドバンテージをとれないことが痛い。

試合

http://twitcasting.tv/0722poke_teku/movie/573872742

 

準決勝 VSカエールさん

カエールさんはwcs2018が終わってから全国ダブルをやるときJCS2018を優勝したときの構築に近い構築を使い続けているので、今回もその構築だろうと予想。なので、マンダレヒレツルギガエンクレセニドキングに強いポケモンを4体採用して、残り2体は他の構築がきても最低限戦えるようなポケモンを採用することに。カエールさんの構築をみるとカミツルギの処理を速くすれば、バンギを通して勝てるように見えたので、トリックルームバンギラスを軸に。さらにカミツルギがきてもトリル下なら対応できるよう炎のパンチを採用。クレセリアにも冷凍ビームとサイコキネシスを持たせることでトリル下で最低限殴れるようにした。威嚇サポートやカミツルギガオガエンニドキング最低限ボーマンダに圧をかけれるように特殊ランドを採用。このままだとカプレヒレが重たいので他のメンツにもある程度戦えてかつ、他の構築がきても対応できるカプコケコを採用。他の構築がきたときにも大丈夫なように一番使い慣れているメガリザードンyを採用。残りの一体も他の構築きたとき用にする予定だったが、メガリザードンyコケコランドクレセバンギラスという並びはレートで使っていたこともあって他の構築きても最低限戦えるだろうと思い、威嚇2枚を回されてバンギラスが腐るのを防ぐ意味でミロカロスを採用。あんまり使ったことないのでミロカロスはほぼ見せるだけ。

 

カエールさん戦使用構築

リザードンCS臆病@メガ

熱風、エアスラ、ソラビ、守る

バンギラスHAS意地@じゃくほ

雪崩、噛み砕く、炎のパンチ、守る

クレセリアHBD穏やか@イア

サイキネ、冷凍ビーム、手助け、トリル

ランドロスCS控えめ@スカーフ

大地の力、めざ氷、とんぼ返り、ヘドロ爆弾

カプコケコCS臆病@電気Z

10万V、マジシャ、ボルチェン、守る

ミロカロスHBCD控えめ@ウイ

熱湯、こごかぜ、じこさい、守る

 

カエールさん使用構築

マンダカミツルギクレセリアガエンニドキング

 

構築予想もメタもいい感じに刺さってた

最後の最後の沼プかまして負けた。その前のポッドさん主催のbo3大会でも最後沼プで負けているのでこういうミスを減らしていきたい

試合

http://twitcasting.tv/0722poke_teku/movie/574210512

 

 

結果

f:id:tktpoke:20191106224255j:image 

運の助けもあり、いいところまで進んだが、ベスト4で終了。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

グランドファイナル使用構築(ダブル)


参加条件↓の仲間大会に参加したので7世代最後の記事にすることに

(全国ダブル準拠、グロパンあり)SM全国ダブルレート最終2000以上JCS2018にてWCS2018dayl権利獲得(上位50名)(シニア可)USM全国ダブルレート最終10位以内S7~S11のWCSレート最終5位以内10/15の9時30分時点で5位以内(繰り上げありの予定)

 

新しい構築思いつかなかったので前回構築(リザドランテテフランドクレセカビ→http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2018/11/27/134437)を改良することに。

〈環境予想〉

レート、ツイッターpgl等をみて、まずリザドランは多いだろうと予想。これは他の人も言ってるで言うことも特になし。次にマンダが多いだろうと予想。理由は単純でリザードン構築に強めだから。次にゲンガーが多いと予想。リザードンに弱めなゲンガーが多いか怪しい部分もあるが、レートでのマッチング数的に多いのかなぁと。次にガルが多いと予想。これは参加者を見たときガルーラを使ってるイメージの人多いなぁと思ったのと上手い人がガルーラを使ってるイメージがあったのでここらへん。サナとグロスに関してはどっちもそんなにいないと予想。

(リザ>>マンダ>ゲンガー>ガル>サナ≧グロス

〈対策〉

リザードン構築に対してはトリルカビゴン+ドランがかなり強いため変更なし。

・ゲンガー構築に対してはエアスラリザ+鉢巻きランド+カプ⚪⚪⚪が強いため変更なし。

・マンダ構築に対しては今のままだとテテフが捨て身を耐えれず、舞われて負けのパターンが多いのでテテフ→レヒレにしてみた。しかし取り巻きのコケコ、ツルギによって役割を遂行できず、カビゴンいりマンダ構築にはトリルもあまり効果ないので、Sが高く役割をこなしやすいということでレヒレ→コケコにすることに。更に今まで瞑想クレセ屋ラッキーのためにドランに毒々をいれていたが、マンダ>ラッキー+クレセのため毒々→目覚めるパワー氷に変更。(瞑想クレセは鉢巻きランドやカビゴンでごり押しできるし、ラッキーは毒々を持っていても怪しいため)まぁラッキー総合時間制だしいないと思うけど

・ガルに対して対策という対策を思いつかなかったが、ガルーラにグロパンをつまれない限りパワーがないので高火力ポケモンをならべてグロパン詰む隙を与えずゴリ押すことに。

 

残りのサナグロスに関してはそんなにいないと踏んで対策を薄めに

 

〈使用構築〉

f:id:tktpoke:20191020172044j:image

 

〈個別紹介〉


f:id:tktpoke:20191020210707j:image

リザードン@メガ石 臆病 猛火→日照り

熱風、エアスラ、ソラビ、守る

H161 (60) B105 (52) C202 (180) D136 (4)S167 (252)

HBテテフのフィールド下サイコショック確定耐え

HDテテフの命のたまサイコキネシス確定耐え

S極振り

C余り

 

熱風:サイチェンがあるため放射ではなくこっち

エアスラ:ジャラランガのために

ソラビ:パーティーに草枠がいないのとレヒレが重めのため

守る:必須

 


f:id:tktpoke:20191020210751j:image

ヒードラン 控えめ @シュカの実 もらい火

熱風、大地の力、めざ氷、守る

H189 (180) B127 (4) C193 (204) D127 (4)S112 (116)

S一段階下降100族抜き

H10n-1

C余り

もともと玉だったが、安定を求めてシュカに。調整は使いやすかったからそのまま。

 

熱風:サイチェンがあるため放射ではなくこっち

大地:ガオガエンヒードラン、カプコケコ等に打つため

めざ氷:マンダの処理ルートを一つでも多くするため 

守る:必須

 


f:id:tktpoke:20191020210806j:image

ランドロス 意地っばり @拘り鉢巻き 威嚇

地震いわなだれ、はたきおとす、 とんぼがえり

H173 (68) A216 (252) B111 (4) D112 (92)S123 (92)

HDサンダーのめざ氷確定耐え

A極振り

S準速70族抜き

有名なやつ

 

地震:メインウエポン

雪崩:サンダー、リザードン等に打つため

とんぼ返り:サイクルを回すため、単純に火力上昇拘りの交代技は強い

叩き落とす:馬鹿力うつ場面地震でいいし、木の実環境で強いため

 


f:id:tktpoke:20191020210814j:image

カプコケコ臆病 @拘り眼鏡 エレキメーカー

10万、マジシャ、ボルチェン、めざ氷

H165(156)B106(4)C141(204)D100(36)S180(108)

HBグロスの地団駄耐え

HDクレセのサイキネZ耐え

C余り

選出機会がそこまで多くないので仕事をはたせるよう耐久に多めにふった

 

10万:メインウエポン

マジシャ:フェアリー打点

ボルチェン:火力上昇拘りの交代技は強い

めざ氷:放電と迷ったが、ランドと並ぶ機会が少なかったためめざ氷に。リザドランのランドは鉢巻きが多いためそこにも刺さる。

 


f:id:tktpoke:20191020210843j:image

クレセリア 穏やか @イアの実 浮遊

凍える風、手助け、 トリックルーム、サイドチェンジ

H224 (228) B151 (84) C101 (44) D185 (148)S106 (4)

HD臆病リザの手助けオバヒ耐え

C無振りマンダを凍える風で確3

B余り

 

凍える風:トリックルームを貼らないときのサブのS操作

手助け:手助けソラビでレヒレミロカ、手助け地震でテテフ、手助けカビゴンのZでランド、レヒレらへんを倒すため

トリックルーム:メインのS操作

サイドチェンジ:勝ち筋製造技

 


f:id:tktpoke:20191020210905j:image

カビゴン 勇敢 @ノーマルZ 厚い脂肪

捨て身タックル、10万馬力、鈍い、守る

H244 (68) A178 (252) B108 (180) D131 (4)S31 (0) Sは最遅

HDテテフのエスパーZ耐え

A色々倒せるよう極振り

B余り

対リザドラン最終兵器。

 

捨て身:Zの火力を上げつつ、Zを使わなくても打てるよう

10万馬力:トリルドランカビゴンで並べるため地震ではなく馬力

呪い:威嚇で誤魔化されないように

守る:ヘイトを集めやすいため

 

〈選出〉

対リザドラン

先発ランドクレセ

後発カビゴンドラン

 

対ゲンガー

先発リザランド

後発@1@1

相手にジャラいたらコケコ確定

 

対ガルーラ

先発リザランド

後発クレセカビゴン

 

対マンダ

先発コケコ@1

後発クレセドラン

相手によって先発クレセだしたり

 

グロス

先発リザクレセ

後発カビゴンドラン

相手にバンギいたらリザがランドに

 

対サナ

先発リザクレセ

後発カビゴンドラン

グロスと同じ

 

※あくまでその構築に一番多く投げた選出です

 

 

〈感想〉

構築はかなりいいものができたと感じている。不利構築がマンダ系統ぐらいでそのマンダにもまったく勝てないということもない。自分のなかでかなり納得のいく構築が作れた

環境予想では(リザ>>マンダ>ゲンガー>ガル>サナ≧グロス)だったが、実際は(リザ>>ガル>サナ=ゲンガー=グロス>マンダ)だった(自分のマッチングでは)。リザードンは予想通り多く対策も自信があったためかなり勝てた。ガルーラは↑でも言ったとおり少し多いと思っていたが、予想以上にいた。ゲンガー、サナ、グロスはともに1人のプレイヤーにしかあたらず、マンダにいたっては1回も当たらなかった。

参加条件つき仲間大会はめったにないのでとても楽しかった。運営さんありがとうございます。

〈結果〉

結果は8位で予選突破して決勝トナメに進むことができました。

f:id:tktpoke:20191020210521j:image

 

 

決勝トナメについて↓

http://tktpoke.hatenadiary.com/entry/2019/10/26/165614

 

 

@0722poke_Teku